ホーム > シャンプー > シャンプーとは、髪に欠かせないもの

シャンプーとは、髪に欠かせないもの

まず、シャンプーを選ぶ際に気を付けることがいくつかある。

私の髪は傲慢で、我儘で、多い。

ようは、カラーやパーマで傷んでいて、太く多くて、それでいてクセがあるので、増えるわかめのようにアホ毛が無造作にもっさりとしている。

だから、「髪の毛まとまる」や「傷んだ髪補修」を信用して買っている。

間違っても「根元からふんわり」や「ボリュームUP」は私には合わない。

そこで、初めに髪をとく。

こうすると、少しはまとまって汚れも取れやすくなるらしい。

それから、美容院でやるようなお湯をためて流す湯洗いは結構丁寧にする。

これで、髪の毛についた汚れや脂がとれる。

シャンプーの前で少しすっきり。ここから本題。

ミディアムの長さだけれども2プッシュ。

掌で泡立ててから髪につける。

こうすると、

  1. ボリーミィーな泡がたつ
  2. 汚れ、脂とれる
  3. 気持ちいい
  4. 髪にも良い

といいことづくめなのです。

本当はもう一度シャンプーをするとよいのだが、節約でよっぽどワックス、スプレーでベトベトな日以外は1回だ。

それから、よく聞くけど指の腹で地肌をマッサージするように洗う。

これが大事。

女性用スカルプシャンプーの効果的な使い方はこちらへ

シャンプーは髪の毛の汚れも落とすけど、本来は地肌の汚れを落とすので。

この時点で、きしきしするようなシャンプーは終わって乾かす際に爆発することが多いので、判断基準にもしている。